ED治療の革命薬!バイアグラは偶然発見された!

MENU

バイアグラ発見物語

バイアグラ発見物語

バイアグラが発見された時の物語には大きな説得力があります。

 

一般大衆向けに念入りに作り上げたのだから当然ですが、1989年、シルデナフィルの化学成分は、狭心症の治療薬としてファイザー製薬の実験室と試験管の中にありました。

 

イギリスのサンドイッチにあるファイザー製薬の研究所で、1989年から94年に実施された開発と、のちの臨床試験で被験者の心臓に血液を送り込むシルデナフィルの効果は実証されることはありませんでした。

 

その代わりに、被験者と臨床医はシルデナフィルが生殖器部への血流を増し、勃起を誘発・維持することを発見し、これがよくみられる副作用だと着目した。92年に狭心症治療薬のために10日間の安全性臨床試験を実施したのち、臨床試験を行っていた一人の臨床医が、よく見られる症状としてこの件を報告しました。

 

報告書の内容は、50ミリグラムのシルデナフィル・バイアグラを8時間おきに投与したところ、消化不良と患者の背中と足に痛みの発言が見られたそうです。

 

そして、その患者はつけくわえて、「ペニスの勃起についての報告もあります。」と言いました。よく記事に書かれているような、発見の瞬間ではなかったのです。

 

しかし、この報告がきちんと研究本部にい伝わり、狭心症治療薬から勃起不全治療薬へとシルデナフィル・バイアグラはその方向性を変えて研究がさらに進められたのです。

 

バイアグラは科学者が発見したのではない

 

バイアグラの事例でも見られるように、医薬品が科学を推進しているのであって逆ではないと主張する科学者もいます。

 

ノーベル賞を受賞した科学者をはじめとする性の権威並びに、生理学者や性科学者を要する影響力ある集団をバイアグラが先導した。

 

バイアグラが体内でどのように作用するのかを研究して初めて、彼らは性機能の解析、解釈する。

 

特に泌尿器科医はこうした新しい権威が、生化学、性薬理学、性医学などの新しい分野の学問を開拓し、これを構築したことを認め、歓迎した。

 

その過程で、これらの科学者たちは、泌尿器科医とともにカルテや実験室を使って、性機能障害の真実と自らが主張するものを知らしめて来たのです。

 

バイアグラの発見物語は、2つの重要な傾向を明らかにしました。

 

一つ目は、科学の中にはどちらかと言えば偶然なものもあること、二つ目は薬学優位の時代にあって、医薬品による科学の船頭が多々見られるようになったこと。

 

インポテンツの新しい治療薬が予期せずファイザー社によってもたらされた、興味をそそられた科学者たちが初心に帰って勃起科学を理解しようとし始めたのです。

 

バイアグラの成分であるシルデナフィルの効果を本当で最初に発見したのは科学者ではなく、臨床試験の中年被験者たちだったのです。この男性がバイアグラの発見に一役買ったのです。

 

バイアグラがもたらしたもの

 

バイアグラがもたらしたもの

販売当初バイアグラはコメディアンの話のネタになることが多かった。バイアグラをのどに詰まらせると、首がビンビンに立って曲がらなくなるとか、目薬としてバイアグラを使用すると、目の角が立つとか、バイアグラの12条も飲んだ男性の妻が死んでしまったとかいった類の話です。

 

アメリカ人の大半はこの短いジョークを良く知っています。友人や親せき・家族までもがこのジョークを話し始めました。

 

アメリカの文化において、バイアグラの抗費用とそれに生じた社会問題について話すのはあまり気が進まない。しかし、高齢者も若者もこのバイアグラの服用し、そのおかげでみんなが元気になったのだから恩恵は大きいのです。

 

バイアグラの報道と時を同じくして、当時のアメリカ大統領の不倫報道がありました。その時はみなどうしてもこのバイアグラのことが頭にあったので、その不倫の中に場合蔵の存在が要素としてあることを噂していたものです。

 

クリントン大統領の不倫報道とは違いバイアグラの報道はひとびとの日常生活に受け入れられました。それに伴い男性の意識も変革し、今までは勃起不全のことを認める男性が少なかったのですが、バイアグラが登場してからは勃起困難を辞任する男性がとても増えたのです。

 

また、勃起不全が及ぼす医学的な健康に対する悪影響も大きく広まりました。また、高齢者の性の問題なども肝要に受け入れられるようになったのもこの時からでした。

 

お役立ちサイト

 

バイアグラを通販、本物手に入れる|バイアグラ個人輸入ガイド⇒バイアグラ本物